社会人になると悩む行事「バレンタイン」

 

好きな人なら別ですが、バレンタインのチョコレートを上司に渡さなければならない場合もありますよね。

 

会社の職場ではバレンタインなど禁止されているところもありますが渡している人も多いです。

 

周りがバレンタインチョコレートを配っていると、自分も配らなければと焦りますよね。

 

バレンタインに上司に渡さなればいけないとき、義理チョコなどのチョコレートの相場が気になるところ。

 

ここでは、会社の上司へのバレンタインチョコレートの相場・金額や渡し方、タブーなチョコレートなどについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

バレンタインの相場はいくら?

 

チョコレートの相場は安すぎても高すぎてもという感じですが、

 

上司に渡す一般的な相場は「500~1000円」ほどです。

 

次の相場が500円、高いと1000~1500円ほどです。

 

これは上司に限らず、会社の人に渡す同僚の相場でもあります。

 

高すぎる高級チョコレートの場合、ホワイトデーが苦痛の場合もあるそうです。

 

今は500円程度でもおしゃれなチョコレートがあるので、高そうで安いチョコレートを選んで上司に渡してみるのもありかもしれませんね。

 

今ではスーパーやコンビニでもいい感じのバレンタインチョコレートが売っているので、適当に上司ように選んでみると良いですね。

 

相場の1000円以内が無難です。

 

相場以下の300円ぐらいでも良いですが、チロルチョコとか駄菓子系以外なら大丈夫だと思います。同僚ならばチロルチョコでも(笑)

 

上司がチョコレートが嫌いな場合は?

 

上司がチョコレートが苦手な場合は、カカオ80%チョコレートの苦いもの、お酒入りのチョコレートなどチョコレート感をあまり感じさせないものが良いかもしれません。

 

また、ハンカチやメモ帳など仕事で使う小物もありです。変わり種としては、お酒が好きならおつまみなんかも。

 

もしお子さんがいる場合は、ご家庭に渡すと思うのでそこまで気にしなくても良い場合もあります。

 

バレンタインチョコレートはいつ渡す?

 

バレンタインチョコレートの渡すタイミングが悩むかもしれません。

 

いつ渡すのがよいのかは、みんなが渡している時、朝出社の時にさっと渡したり、お昼前や直後、変える前のタイミングなどが無難です。

 

スポンサーリンク

 

送らない方が良いチョコレート

 

相場内のチョコレートであればどんなチョコレートでも良いのですが、送らないほうが良いチョコレートもあります。

 

それが、

 

手作りチョコレート

 

同僚などでも彼女とかいる場合もありますし、上司だと既婚者の方も多いです。

 

特に既婚者の上司にバレンタインに手作りチョコレートを渡すと、いらぬ想像をされて嫉妬など問題が発生する場合も起きてしまいます。

 

お菓子などの料理が得意な場合でも、バレンタインチョコレートは義理が無難です。

 

相場のチョコレートを上司に渡すと良いです。

 

もし独身で本命の方がいれば、ガンガン手作りチョコレートでもOKです。

 

他にもバレンタインで気を付けた方が良いのが、

 

偏りがあるチョコレート

 

例えば上司Aには相場の500円、上司Bには1500円、同僚Aには100円とかなど均等されず偏りがある場合です。

 

チョコレートを貰ったとき、値段が相場ないであっても違うと複雑なもの。本命以外は相場ないの同じものをバレンタインチョコレートで上げるのが無難です。

 

上司にバレンタインのメッセージは必要は?

 

メッセージを書いた方が良いかといえば、正直いらないです。

 

いつもお世話になっていて、言葉に伝えられない場合はそっとメッセージを加えておくのもアリです。多分喜ばれるとは思います。

 

バレンタインの相場は500~1000円以内のチョコレートが無難です。お返し目的などお互いのお財布に負担にならないチョコレートを上司に渡してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク