フライパンを長く使っていると、フライパンのテフロン加工が弱くなって焦げ付きやすくなったりしますよね。

 

テフロン加工が取れてしまうと、油を多く入れても焼くときに食べ物がくっいたりしまって洗うのもとても大変。

 

できればフライパンのテフロン加工を長持ちさせたいものですよね。

 

ここでは、フライパンのテフロンを長持ちする方法やフライパンを長持ちするための方法をまとめてみました。

 

(TBSのネプチューン番組のテレビ番組まとめです)

 

スポンサーリンク

 

フライパンのテフロン加工・焦げ付き防止加工を防止する方法

 

フライパンのテフロン効果を長持ちする方法としては、週に「1~2回」フライパンでお湯を沸騰させることです。

 

お湯の沸騰時間は約5分程度

 

こうすることで、フライパンのテフロン・焦げ付き防止を長持ちすることができます。

 

なぜお湯を入れるのかというと、テフロン・焦げ付き加工帽子の表面には目には見えない直径0.3㎜ほどの穴が開いているらしく、この穴に汚れが付くことで焦げ付き固まってしまい、料理をすることに加工防止こと落としてしまうのだそうです。

 

テフロン加工を長持ちする方法を分かったところで、次にフライパンを長持ちさせる方法をまとめてみました。

 

フライパンを長持ちする方法

 

フライパンを長持ちする方法は、料理の大きさにあったフライパンを使うことです。

 

例えば、目玉焼きならば小さいフライパンで作るとかで、野菜炒めは大きいフライパンで使うなどの使い分けです。

 

どうしても、一つのフライパンで目玉焼きも野菜炒めなど色々な料理をしたいですし、めんどうくさいから楽なので1つのフライパンで料理したいと思います。

 

ですが、もし大きいフライパンで目玉焼きなどフライパンに「隙間」ができてしまう料理をすると、その隙間や当たっていないところが「空焼き」状態になってしまいます。

 

目玉焼きではないですが、こんな感じ↓↓この隙間が空焼き状態に。

 

なのでフライパンがイマイチになるのが早かったり、テフロンがはがれやすくなったりしちゃうわけです。

 

↓これなら少し隙間はあるももの全体的に料理しているのでOK★★

 

まとめ

 

フライパンをテフロン・焦げ付き防止を長持ちするためには、フライパンの中で週に1、2度沸騰をわかすこと。

 

そうすることでフライパンを長持ちすることが期待できます。

 

料理に合わせてフライパンを使い分けることで空焼き状態が、さらにフライパンを長持ちすることができますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク