出産祝いにはお金を包みますが、兄弟姉妹、親族、友人知人、会社などでは渡す金額や贈り主の年代の金額など悩みますよね。

 

ここでは、出産祝いの兄弟姉妹、親類、友人・知人、職場の部下や同僚などのを金額相場を年代別と種類別、のしやお祝いを送る時期などをご紹介します。

スポンサーリンク

出産祝いの贈り主年代別金額相場

 

出産祝いの金額の相場を年代別と贈る人別にご紹介します。

 

出産祝いを20代で渡す場合の金額相場

 

贈り主が20代の場合

 

贈る相手の相場金額は、

 

兄弟姉妹:1万~2万円

親戚など:1万

友人知人:5千円

会社:5千円~6千円

 

出産祝いを30代で渡す場合の金額相場

 

贈り主が30代の場合

 

贈る相手の相場金額は、

 

兄弟姉妹:1万5千円~2万円

親族類:1万円

友人知人:5千円~6千円

職場:5千円~6千円

 

出産祝いを40代で渡す場合の金額相場

 

贈り主が40代の場合は、

 

贈る相手の相場金額は、

 

兄弟姉妹:1万5千円~2万

親族類:1万5千円~2万円

友人知人:1万~1万5千円

職場:5千円~6千円

 

出産祝いを50代で渡す金額相場

 

贈り主が50代の場合

 

贈る相手の相場金額は、

 

兄弟姉妹:2万円~3万円

親族類:2万~3万円

友人知人:5千円~7千円

職場:5千円

 

あくまでも出産祝いの相場の金額なので、多くても少なくても大丈夫です。

 

出産祝いのそれぞれの相場金額

ここでは上記をまとめて、平均的なそれぞれの立場の金額相場についてご紹介します。

上記のように渡す立場の年齢が高いほど、金額は高い傾向にありますが、相場価格でも大丈夫です。

出産祝いの相場金額①親から子供へ

 

出産祝い親から子への金額相場は、約5万~10万です。

 

出産祝いの相場金額②兄弟姉妹

 

出産祝いの兄弟姉妹の相場金額は、約1~2万です。

 

出産祝いの相場金額③親戚・いとこ・姪・甥

 

出産祝いの親戚や姪・甥・いとこなどの金額相場は、約1万~2万円です。

 

出産祝いの相場金額④職場の部下や同僚

 

出産祝いの職場の部下や同僚の場合の金額相場は、約5千円です。

 

出産祝いの相場金額⑤友人

 

出産祝いの友人の金額相場は、約5千円です。

あくまでも目安の相場価格となるので、もう少し多めだったり、逆に少なくして品物と一緒にプレゼントしても良いかもしれませんね。

出産祝いの品物金額の目安相場

 

出産祝いではお金以外にも品物で渡す場合もあります。

 

その場合、

 

・身内への品物の金額相場は『3~5万円

 

現金で渡すよりも高めの金額相場となり、双方が贈る場合があるのでこの場合の合算金額になります。

 

特にベビーカー、ベビーベットなどの高いものなどがあるからです。一般的な贈る品物としては、寝具や祝い着、木のおもちゃ、食器セット、おんぶひもなどがあります。多くても3万円でも大丈夫です。

 

・友人知人の品物の金額相場『3千円~1万円

 

親しいお付き合いのある友人であれば高めでもよいのですが、特に親しい真柄でもなく社交辞令であれば3千円程度の品物でも大丈夫です。

 

会社の同僚や部下などもこのぐらいの金額の品物で良いかと思います。

 

衣類や身の回りのものを出産祝いとして送る人が多いですが、赤ちゃんの成長は早いので生後1年以降などに使うものをあげても大丈夫です。

 

会社の場合は出し合う場合もありますが、品物で渡す場合は少ないです。

 

出産祝いのし紙と表書き

 

出産祝いには紅白蝶結びののし紙と、

 

表書きには、

 

・祝出産

・御出産祝い

・御祝

 

としましょう。

 

出産祝いの時期はいつからがよい?

 

そもそも出産祝いはいつ贈るのか?

 

まずは母子の出産『お見舞い』をしてから、その様子を見て改まって出産祝いを送ります。

 

産後の状態が良くないなど万が一のことも備えて、母子が健康状態は必ず確認してから出産祝いは贈るようにしましょう。

 

出産のお祝いを送る目安としては相手の都合も考慮して、早くて生後7日~1ヶ月ぐらいを目安とされています。

 

親類などや兄弟姉妹など親しい人は直接渡すのが良いですが、それ以外は品物などは買った先から贈るようにした方が相手方の負担も減ります。

 

出産したことを知らなかった・贈るタイミングが遅れてしまった場合

 

年賀状などで出産祝いを知る方もいらっしゃるかもしれません。

 

また出産祝いを贈る時期を逃してしまった場合は、赤ちゃんの1歳の誕生日の『初誕生日祝い』 にお祝いする方法があります。

 

無理やり中途半端な日に贈るより、お誕生日の日に品物などの出産祝いを兼ねて送るようにするとよいでしょう。

 

出産祝いの相場まとめ

 

出産祝いは親類や兄弟親戚、知人などによって相場金額は異なります。

 

金額は親しい、お世話になっているなどであれば多めの金額やそれに贈答する品物を送るようにしましょう。

 

あくまでも母子がいるので、健康状態を配慮して出産祝いを贈るようにしましょう。

スポンサーリンク