この記事では、下町ロケットの続編2の放送日、あらすじ、キャスト、ロケ地などについてご紹介します。

 

2015年10月に話題となった日曜劇場ドラマ「下町ロケット」。

 

このドラマの続編が、2018年10月に下町ロケット2的な感じで帰ってきましたね。

 

阿部寛さんのキャストをはじめ、吉川晃司さんなど強烈な個性あるキャストがあり続編の下町ロケット2的なものを待ち遠しいと思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

では早速、下町ロケット2の放送日~ロケ地までを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

下町ロケット2の放送日

 

下町ロケットは、10月期の日曜劇場で放送されます。

 

放送日はまだ公表されていませんので、分かり次第ご紹介します。

 

放送時間は9時~9時54分です。

 

下町ロケット2のキャスト

 

下町ロケット2の主なキャストはこちら

 

・佃航平役:阿部寛

・殿村直弘役:立川談春

・山崎光彦役:安田顕

・佃利菜役:土屋太鳳

・立花洋介役:竹内涼真

・加納アキ役:朝倉あき

・和泉沙耶役:真矢ミキ

・水原重治役:木下ほうか

・神谷修一役:恵俊彰

・中川京一役:池畑慎之介

・佃和枝役:倍賞美津子

・江原春樹役:和田聰宏

・迫田滋役:今野浩喜

・津野薫役:中本賢

・唐木田篤役:谷田歩

・財前道生役:吉川晃司

 

など豪華キャストで下町ロケットです。

 

 

下町ロケット2のあらすじ

 

下町ロケットの空から大地へと佃製作所の新な戦いの幕が上がる。

 

ロケット用エンジンバルブエンジンシステム、人工心臓弁ガウディ計画など様々な困難にあってきた町工場の佃製作所。

 

度重なる困難があるなか、また新たな予期せぬトラブルが発生。

 

佃製作所の主力商品でもあった、エンジンバルブの納入先であり、盟友の財前が働いている帝国重工の業績が悪化してしまう。

 

それだけでなく主要取引先の非常な通告、番頭の殿村に訪れる危機などで窮地に落ち込まれていく。

 

次々に起こるピンチを切り抜けるためには、空から大地へ。

 

佃製作所は大きな転換期として、新たな戦いが始まる。

 

すべての働く人に送る感動のエンターテイメント巨人最新作。

 

今作の下町ロケット2は、キャストの立川談志さん演じる「殿村の実家」の米農家が鍵になるそうです。

 

↓原作であろう池井戸潤先生のご本

下町ロケットのロケ地

 

下町ロケット2の新たなロケ地は「新潟県燕市」で大規模な撮影ロケ地として決定。

 

ドラマに合わせて、田植え、稲刈りなど実施してロケ地と連動のイベントもあるそうです。

 

下町ロケットで使われた続編の下町ロケット2でも再度あるかもなロケ地です。

 

多分撮影場所のロケ地は多分変わらないかと思います。

 

佃製作所

 

阿部寛さん演じる佃浩平が働いている会社

 

ロケ地:桂川精螺製作所

住所:東京都大田区矢口3丁目

 

佃家

 

キャストの佃浩平の娘土屋太鳳ちゃんなどが良く登場するお家。

 

ロケ地:江戸川区にある一軒家

住所:東京都江戸川区東小岩2丁目:一軒家

 

帝国重工

 

財前部長が働く会社。

 

ロケ地:フジキンつくば先端事業所

住所:茨城県つくば市御幸が丘

 

外観、ロケットエンジン開発室、新型ロケット組立工場、財前部長の部屋などがロケ地として使われているそうです。

 

帝国重工(役員会議室)

 

ロケ地:日本工業倶楽部

住所:東京都千代田区丸の内1丁目

 

神谷法律事務所

 

キャストの恵俊彰さんが演じる神谷弁護士の事務所

 

ロケ地:ZEAL Communications東京本社

住所:東京都渋谷区東2丁目

 

この↑あたりは、また下町ロケット2のロケ地としても使われるかもしれません。

 

まとめ

 

下町ロケット2は、10月期から放送が開始されます。

 

続投の豪華キャストが多い中、個人的には財前さん役の吉川さんが続投キャストとして出演してくれるのがものすごく嬉しかったりします。

 

逆三角形の体格と颯爽と走る姿・・・しかもスターダスト計画を導き出した日本を代表とする大企業「帝国重工宇宙開発部の部長」とかイケメン叔父様すぎます。

 

こんな上司がいたらいいなと思っていましたし、ガウディ編になったら出番がものすごく減ってしまって残念だったのですが、下町ロケット2に出演してくれるのは嬉しいですね。

 

そのほかにも実力俳優・女優さんの活躍にも期待ですね。

 

スポンサーリンク