入学祝いとしてお金を渡すことが多いですが、入学祝いと言えども、幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、専門学校、大学などそれぞれの入学がありますよね。

 

この場合、一体入学祝いの相場はどのくらいの金額がよいか悩みますよね。

 

ここでは、入学祝いの相場を幼稚園や保育園、小学校、中学校、高校、専門学校・大学に分けてご紹介します。

スポンサーリンク

入学祝いの相場金額

 

入学祝いの相場をご紹介します。

 

金額相場は親戚でも甥や姪などでも同等の金額で大丈夫です。

 

幼稚園・保育園の入学祝い相場金額

 

幼稚園や保育園の入学祝いの相場は『5千円』です。

 

お付き合い程度や親戚の場合だと1万円を包むことも多いようです。

 

幼稚園や保育園の入学祝いの場合、お金でなく文房具や絵本、鞄などのような品物で贈る場合は、5千円以内で贈ります。

 

小学生の入学祝い相場

 

小学生の入学祝いの相場は『3千円~1万円』です。

 

お付き合いの高い人のお祝い金は、5千円~1万円程度が一般的。

 

小学生の入学祝いの際は、金額でなくランドセル、学習机を送る方もいらっしゃるのでその場合だと入学祝いのお金は渡さなくても大丈夫です。

 

小学生の入学祝いの場合、品物やお金以外にも、図書券などの金券カードを渡す方もいらっしゃいます。

 

金券の相場は5千円程度です。

 

中学生の入学祝い相場

 

中学に進学したときの入学祝いの相場は『1万円~1万5千円』です。

 

中学生になると小学校に比べると制服など様々なお金がかかるので、少し相場が多めの金額になります。

 

図書券や音楽カードなどの金券で送る場合の目安相場は、『5千円~1万円』となります。

 

贈るのであれば参考書や本が買えるので図書カードがおすすめです。

 

高校生の入学祝い相場

 

高校生の入学祝いの相場は『1万5千~2万円

 

中学の進学祝いに少し多めの相場。

 

図書カードや音楽カードなどを贈る際の相場は『五千円』程度です。

 

現金で送りにくい場合は図書カードのような金券で贈るのがおすすめです。

 

専門・大学の入学祝い

 

専門学校・大学生の入学祝いの相場は『2万~3万円』です。

 

これは短大・専門・大学同じぐらいで、最低でも1万円ぐらいとなります。

 

大学生の場合に図書カードなどの金券を渡す場合も「5千円」程度が相場になるので、そこまで親しくしていない親戚などであればこれぐらいの金額が無難です。

 

入学祝いのご祝儀袋は何に入れる?

 

入学祝いの相場金額を入れるご祝儀袋は、紅白蝶結び水引きのご祝儀袋にいれます。

 

表書きとしては

 

・入園御祝い、入学御祝い

・祝御入学

・御祝

 

と書くようにしましょう。

 

入学祝いはいつ渡す?

 

入学祝いの金額が用意できたけれど、実際にいつ入学祝いを渡せばよいのかと疑問がでてきますよね。

 

入学祝いとは、両親、親戚、祖父母などの内祝いなので、入学祝いは入学が決まったら早めに贈るのが一般的です。

 

入学後という感覚もありますが、入学する1ヶ月前、遅くても2~3週間前までに入学祝いを送るようにしましょう。

 

入学祝いに品物を贈る際は注意

 

入学祝いでも特に小学校などの入学祝いには、ランドセル、学習机、鞄などを買ってあげたいという方もいらっしゃると思います。

 

入学祝いに品物を贈る際に気を付けるのが、学用品といわれるものはあらかじめ入学祝いを送る先方に確認を取るようにしましょう。

 

学校指定や個人の好みもあるので、勝手に買われて贈られてしまうと迷惑な場合もあります。

 

もし欲しいといわれた場合は一緒に入学祝いとして付き添い、買ってあげると良いでしょう。。

 

入学祝いのまとめ

 

入学祝いは幼稚園・保育園、小学校、中学校、高校、専門、大学で金額はそれぞれ違います。

 

あくまでも相場価格なので、少なくても良いですし、多ければ多いほど喜ばれるので多めに越したことはないですが小学校多くあげてしまうと、次進学の時の入学祝いにも期待される場合もあるので無理しない程度に入学祝いは渡すようにしましょう。

 

親戚関係が遠い場合は、図書カードなどの金券でも大丈夫ですし無難です。