家族の日というものがあるのはご存知でしょうか?

 

最近だと何とかの日など色々ありますが、家族の日があるなんて知りませんでした。そこまで知名度は高くないはず。

 

しかも家族の日というの映画もあったみたいですよ。

 

さてそんな2017年の家族の日はいつで、どんな日なのか?調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

家族の日はいつ?

 

家族の日は、

 

2017年の場合、

 

11月19日(日)

 

です。

 

毎年11月の第三日曜日として決められていて、母の日や父の日みたいな感ですね。

 

しかも防災週間じゃないですが、家族の週間というものがあるそうですよ。

 

家族の週間はいつ?

 

家族の日の前後1週間の期間を「家族の週間」なのだそうです。

 

2017年の家族の習慣は、

 

11月12日(日)~11月25日(土)

 

です。

 

家族の日は何をする?

 

家族の日に日にちがわかったことで、この「家族の日」とはいったい何なのか?

 

母の日は母を敬う

父の日は父を敬う

敬老の日は敬老を敬う

 

みたいなことなのか?

 

家族が対象なので、家族全員を敬うかと思いきや、

 

子供と家族を育んで、家族を地域社会が支えることを知ったり、大切さを深める日

 

とのこと。

 

スポンサーリンク

 

なぜ家族の日ができた?

 

内閣府が作った家族の日。

 

平成19年から「家族の日」というものができたそうです。

 

そもそも少子化に伴い、子供を大切にして社会全体で子育てを支えて、個人の希望の叶えられるバランスの取れた子育て支援を推進する必要がでてきて、生命を次世代へ伝え育む、子育てを支える家族と地域の大切さを国民が一人一人再認識させるためなのだそうです。

 

よくわからん!!

 

結局のところ、家族の日と言って子育てしている人が優先的な文面な感じです。

 

子供がいない独身や夫婦にはあまり関係ない気もするようなないような。

 

家族というよりも、子供大切にしよう日の方がいいのでは?と思う感じもするような。

 

家族の日は何をする?

 

毎年内閣府が「家族の日フォーラム」というものを開催していて、

 

・家族の大切さに関するコンクールをしています。

 

コンクール作品を送って、受賞されると良いですね。

 

というのは置いといて、

 

家族の日は、家族で一緒に食事や過ごすのがいいんじゃないですかね。好きなものを食べたりするとか。

 

そんな家族に日に特別なことをしたい方は、映画を見るのも良いのではないでしょうか。

 

去年の2016年にはこんな映画も公開されました。

 

家族の日という映画があった

 

家族の日という映画が2016年に公開されていたそうです。

 

いじめにあう長男、いじめの加害者である長女などをを悩ませ、絆を失いかけた家族が紆余曲折あって色々あるひと夏の物語。

 

 

キャストには、伊原剛志と田中美里さんなど他子役。

 

元NHKディレクターが監督をされています。

 

2016年に公開されたらしく、評判はちょっとイマイチっぽかったようです。

 

よし、そんな時はALWAYS三丁目の夕日を見よう

 

 

 

・・・・

 

よし、クレヨンしんちゃんを見よう

 

 

 

・・・・

 

やっぱり名作は家族の日の映画といえば、バック・トゥ・ザ・フューチャーだよね。

 

 

まとめ

 

家族の日は子供と家族が地域社会が支え、大切さを実感する日のようです。

 

内閣府が作ったのですが、あまり広まっていない感じですが、家族の日で家族のことを再度考えるのも良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク